3月11日の東日本大震災・津波が発生してから、内閣府副大臣として、岩手県政府現地連絡対策室長(平成23年3月12日任命)、内閣府被災者生活支援特別対策本部(平成23年3月17日設置)副本部長兼事務局長、東日本大震災の「被災地の復旧に関する検討会議」(平成23年3月29日設置)座長、原子力被災者生活支援チーム(平成23年3月29日設置)チーム長代理、東日本大震災復興対策本部本部長補佐(平成23年6月27日任命)を兼務し、被災者の支援にあたりました。同年7月5日には、松本前大臣辞任を受け、菅内閣の東日本大震災復興対策担当・内閣府特命担当大臣(防災)に就任し、9月2日に誕生した野田内閣においても、引き続き、復興担当・防災担当大臣として、被災者の支援を指揮しております。
計画的避難区域に指定される飯舘村の説明会において、村議会議員、住民代表、商工会議所や農協関係者の皆様に、政府の対応説明致しました。
石巻市の被災状況を視察した後、南蒲生浄化センター、名取川周辺、仙台空港前面、仙台空港内を視察致しました。
福島県内の原子力災害現地対策本部を訪問致しました。
本田遠野市長と懇談致しました。
桜井南相馬市長、市当局者、議会関係者、農商工関係者の皆様と意見交換を致しました。
「原子力被災市町村のあり方に関する意見交換会」において、意見交換をさせて頂きました。
生活の平常化に向けた「市町村との意見交換の場」において、釜石市の皆様と意見交換をさせて頂きました。
「被災者の孤立死を防止するための有識者会議」に参加致しました。
生活の平常化に向けた「市町村との意見交換の場」において、県、名取市、岩沼市、亘理町 気仙沼市の皆様と意見交換をさせて頂きました。
生活の平常化に向けた「市町村との意見交換の場」において、県、陸前高田市、大船渡市 宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村の皆様と意見交換をさせて頂きました。
奥山仙台市長とともに、仙台港、塩釜港を視察致しました。
新潟県・福島県への豪雨による被害状況を視察致しました。
いわき市長と懇談した後、小浜港を視察致しました。午後は、北茨城市の大津漁港、茨城港常陸那珂港区、水戸市弘道館を視察し、知事と懇談致しました。
市内の避難所を訪問し、被災者のお話を伺いました。
「原子力災害からの福島復興再生協議会」において、福島県関係者と意見交換をさせて頂きました。
和歌山県・三重県を襲った台風12号による被害状況を、防災大臣として視察致しました。
道の駅高田松原周辺及び旧市役所庁舎を視察した後、副市長及び岩手県副知事と面談致しました。
希望ヶ丘コミュニティセンター、栃尾地域 上の原地区集会所、天空の郷、竹沢罹災者公営住宅を視察し、被災者の皆様、泉田新潟県知事と面談致しました。