第164回国会(通常国会) 2006.1.20~6.18

農林水産委員会

6月1日(木) 農家の担い手に対する経営安定のための交付金の交付に関する法律案(新経営所得安定対策)

【農林水産大臣 中川昭一、農林水産副大臣 三浦一水】

(主な論点)

冒頭、農業就業人口が減り、耕作放棄地が増えている現状につき、政府の認識を質した後、農地の出し手にインセンティブを与える今の政策のままでは農地は供給過剰になると指摘。

今回の政策が、農業の担い手にインセンティブを与えられるような体系になっていないと批判した後、できるだけ多くの方に農業をやって頂き、担い手になる方には、農産物の価格変動リスクにより、規模を拡大した場合そのリスクも大きくなるので、施策を厚くすると同時に、兼業農家の方も立派な担い手であるとのメッセージを出しつつ、放出された農地を受け手につなぐ政策の必要性を強調した。

また、金銭的インセンティブのみで集落営農を進める政府の施策の問題点を指摘した。