国債管理政策は最重要課題の一つ

 平成17年度の国の一般会計予算は約85兆円。その財源の内訳としては、税金などによって賄われるのが50兆円、国の借金によって資金調達(国債を発行する)されるのが35兆円です。国は予算編成にあたっては毎年多額の借金(国債発行)を行ってきました。小泉総理は当初、国債発行枠30兆円の堅持を公約としていたましたが、たった一年で挫折しました。しかも、この公約違反を「たいしたことはない。」と大見得を切ったことはご承知のとおりです。

 こうして毎年、借金に借金を重ねてきた結果、国の累積債務は600兆円にも膨らんでいます。国債の金利動向は国の財政だけではなく、経済全体にも重大な影響を及ぼします。新規の国債発行額を少なくするともに、発行済みの国債の引き受け手をどうやって安定的に確保するかが今後の国債管理上の大きな課題となっています。

次へ